発達障害重ね着男の備忘録

発達障害(ADHD、ASD)持ち。備忘録的に継続して行く事が目標です。

[対策]生活リズム調整が上手くいかない時のための事前策

//mental.blogmura.com/otonahatatsu/ranking.html" target="_blank

こんにちは。いっしーです。

今日は、少し遅めの起床になってしまいました。

3ヶ月ほど生活リズムをフルタイム労働に耐えうるものにするために努めていくわけですが、日中の強い眠気はまだ完璧には改善されていません。

そんな中で毎日無理くり起きているというのもストレスが溜まり、返って生活リズムの悪化につながるという、負のスパイラルに陥りかねません。

ですから、そうならないために、無理なく生活リズムを調整するために、事前策を打つ事にしました。




土日は「例外日」として位置付ける


そもそも、なぜ「生活リズムの調整」を行わなければならないのか、というところに目を向けてみました。

いつも好きな時間に起きていいよ、という事であれば、無理して生活リズムの調整なんめ行わなくていいわけです。

そうならないのは、フルタイム労働を過不足なく行うために、生活リズムを整えなければならないからです。

いわば、働くための事前準備。そして、以前のように適応障害になってしまわないような生活リズムを作っていかなければならない。


そう考えると、最も厳格に生活リズムを整えなければならないのは、月曜日から金曜日の勤務日です。 曜日感覚を忘れないためにも、土日は少し休む時間が多くても、生活リズムが大きく崩れない範囲でならば可能です。

そのような土日を、例外日として、多少は緩めに予定を立てて行こうかと思っています。


1日外出しない日を作ったり、少し遅く起きたり、昼寝を少し長めにしたりするのも、この「例外日」に行おうと思います。





今日の投稿は以上です。読んでくださった方々、ありがとうございます。