発達障害重ね着男の備忘録

発達障害(ADHD、ASD)持ち。備忘録的に継続して行く事が目標です。

[雑記]日記と、薬効についての考え方の変化

//mental.blogmura.com/otonahatatsu/ranking.html" target="_blank

こんにちは。いっしーです。

昨日は、午前中は身体が重たく、とても起きられる状態ではなかったため、お昼頃まで床についていました。

その後は、撮りためていた録画TVを見たり、趣味の競馬観戦(と言ってもTVですが)をした後、少しでも日を浴びようと、夜ご飯の買い物に出かけ、22時には就寝しました。

競馬は、多様な情報から予想する、という行為と、馬がそもそもかっこよくて好き、という理由で、中学生くらいからの趣味です。 ですから、賭ける、ということはほとんどしません。


最近思ったのですが、過去の投稿を見返してみると、考え事や感想が中心で、その日何をしたのかがよく分からない内容が多いです。

備忘録的な意味合いでブログを続けるにあたり、これではまずいと思ったので、冒頭はその日にあったこと、感じたことをなるべく無機質に書いていこうと思います。




薬効についての考え方


服薬に関しては以前も記事を書きました。


issyadhd.hatenablog.com



最近、以前にも増して、よく眠れないだとか、集中出来てないなと感じることが多いです。

睡眠薬ストラテラの効果は果たして出ているのだろうか?と訝しむ事も増えてきたのですが、逆に考えると、訝しんでいるからこそ効果が実感できないのかな、と思います。


プラシーボ効果という言葉があります。 ビタミン剤を風邪薬と偽って飲ませたら、風邪が治ったとかいう、思い込みの力で抵抗力や自己治癒力を高めるあれです。

発達障害の薬や睡眠薬にも、プラシーボ効果は適用されるのではないかな、とふと考えました。


僕の場合は、「長年苦しんでいることがそんな簡単に解決したら苦労しないや」などという気持ちが何処かにあるのかもしれません。


フラットに考えてみると、飲んだ時の方が物忘れは少ないし、確実に寝られるタイミングと時間は改善しています。

薬に過度の期待をしすぎているのかもしれませんね。もっと劇的に効くはずだと、どこかで思っているのかもしれません。


少し考え方を変えてみて「薬を飲んでいるからマストな事がこなせるんだ!」と今後は思うようにしてみようかな、と考えています。

そのように考えることで、プラスのプラシーボ効果が発生し、その相乗効果でできる事も増えてくるかもしれません。

このような事を寝る間際に考えた、そんな昨日でした。