発達障害重ね着男の備忘録

発達障害(ADHD、ASD)持ち。備忘録的に継続して行く事が目標です。

[雑記]悪い意味で「空っぽ」状態が続いているので改善したい。

//mental.blogmura.com/otonahatatsu/ranking.html" target="_blank

こんにちは。いっしーです。

現在、復職に向けて行動しなければならないのですが、最近手持ち無沙汰というか、何をするにも億劫な状態になってしまいました。

ある意味、余計なことを考えなくなって来た、と受けとめるならば、暇を持て余すのもいいことかもしれないですし、元気になって来た証左かもしれません。

しかし、趣味であった読書や、ADHDなどの発達障害、同年代の方の生き方、シンプルライフと言った興味のある分野のブログすら読むことが億劫になって来てしまって、焦りを感じています。




自分にとって「空っぽ」な状態は、かえってしんどい


行動が億劫になった原因にいくつか思い当たる節はあります。

1つは、ストラテラの主作用が効き過ぎているのでは、ということです。

ストラテラのお陰で頭の衝動性は抑えられ、家事、このブログの更新(備忘録的意味合いが強いので)などやるべき事はこなせるようになっているのですが、どうも「やらなければならない事以外のこと」に対する興味が失われてしまったように思います。

一歩目を踏み出せばすんなりと行くのかもしれませんが、その一歩目を踏み出すのが本当にしんどいです。

ストラテラは効き始めに長い時間がかかるので、もしかしたらまだ主作用が出きっていない、ということもあるのかもしれませんが…。

また、作用も人によって異なるそうなので、あまり過度な期待を薬に求め過ぎないほうが良いのかもしれません。(次回診断時に先生に相談しようと思います。)


もう1つは、貯金と衝動性抑制の為に、趣味であった「ウィンドウショッピング」を辞めていることです。

シンプルライフのブログを読んでも、「あぁ、良いけど、お店行ったら買ってしまいそうで怖いなあ」と思うなど、最近は自制心が働いています。

そのこと自体は良いのですが、自制心が効き過ぎて、様々なことに対する興味を自制し過ぎているのかもしれないと思うようになりました。


ある意味で、頭の中を占めていた複数の思考が減り、スッキリとした状態ではあるのですが、それが必ずしも僕にとって有益かというとそうではなくて、適度に頭の中の内容物があった方が落ち着くのかもしれません。





活路はマインドフルネス!?


そんな状態であることを主治医に大まかに説明したところ、この「マインドフルネス」を紹介されました。

マインドフルネスとは、瞑想のようなもので、1つのことに集中、言い換えるならば頭の中を1つのことだけで占めさせて、余計な考えを一切捨て去る、というようなものらしいです。(しっかり調べていないのでなんとも言えないのですが)

このマインドフルネスならば、「空っぽ」状態からの脱却と、複数思考の消滅も同時に図れそうです。

自分の呼吸に集中したり、時計の秒針を一心不乱に見つめるだけでも効果があるそうです。慣れるまで時間がかかったりもするそうですが、やってみる価値はあるかな、と思っています。




なんとか、現状の「空っぽ」状態を脱出し、せめてまた「趣味は読書です」と胸を張って言えるようになりたいです。

その為にも、少しマインドフルネスを調べてみたいと思いますり


今日の記事は終わりです。 読んでくださった方々、ありがとうございました。