発達障害重ね着男の備忘録

発達障害(ADHD、ASD)持ち。備忘録的に継続して行く事が目標です。

[復職]「復職」が現実味を帯びてきた現在の心境

//mental.blogmura.com/otonahatatsu/ranking.html" target="_blank

こんにちは。いっしーです。

タイトルにあるように、休職期間も残りわずかとなり、現在の会社への復職が間近に迫ってきました。(実際には一月以上あるんですが、もうすぐのような気がします。)

復職を控えた現在の心境を、フラットに綴っていきたいと思います。


現在の僕の心を占めているのは「怖さ」

当然と言えば当然なのですが、 配置替えなど考慮してもらえるとはいえ、やはり1度これだけ休んでしまってからの復帰は正直恐怖です。

会社で発達障害だと発覚して休職したのは僕が初めてという事もあるので、まず理解はされないでしょう。「腫れ物」として扱われる事はある程度目に見えていますし、心の中で「役立たず」の「給料泥棒」だと罵られてもおかしくないと思います。

僕も、自分が受け入れる立場なら、「面倒くさい人」という認識を持ってしまうと思います。
まぁ、言ってしまえば完全アウェーのような状況、復職を考えるとお腹の辺りがモヤモヤするのはこのような「怖さ」が1番の理由でしょう。



でも、俯瞰的に観察してワクワクしている自分もいる


ただ、少し不謹慎な言い方をすると、この状況を俯瞰的に観察している自分がいる事も確かです。
発達障害由来の休職が初めてということは、今後同じような理由で休職する人が出てきた場合、基準となるのは僕の勤務状況であるわけです。

発達障害は十人十色、それぞれ困り事は違うとはいえ、会社としてはやはり基準となるものが欲しいのではないだろうか、と思います。

会社との面談の中で、「同じ診断でも症状は異なります」ということは伝えるつもりですが、僕の働き方次第では、後に続く人たちに影響を与えてしまう事にもなりかねません。

それが少しでもいい影響になり、「発達障害って、苦手な事もあるけど一生懸命じゃん」とか、「得意分野なら〇〇に聞くのが1番だな」と同じ境遇の人が思ってもらえるように働きたいな、と思っている自分も確実にいるのです。



それでも、1番大切なのは自分の精神と身体


それでも、まずは自分の心と体のいたわりが何より先決かな、と思います。

性格上、絶対人の目は気になりますが、気になったところで無理な行動をするから気分がさらに鬱屈としていくんだ、と気付きました。

何を言われても、まずは身体を大切にして、その中で社会で通じる自分だけの特技を見つけていきたいと思います。 それが会社の役に立って、ひいては後に続く発達障害の新入社員の方の助けになればいいのですが、それは二の次。

人の事や組織の事ばかり気にするのは僕の悪い癖なので、まずとにかく意識的に自分の事を、甘やかさない程度に気にかけていきたいと思います。



今日の記事は以上です。読んでくださった方々、ありがとうございました。