発達障害重ね着男の備忘録

発達障害(ADHD、ASD)持ち。備忘録的に継続して行く事が目標です。

[工夫]発達障害者いっしーが必携しているもの

//mental.blogmura.com/otonahatatsu/ranking.html" target="_blank

こんにちは。

8月に発達障害と診断されて以来、外出の際には必ず持ち歩いているものがある。
以下、その紹介をしていこうと思う。

f:id:issyADHD:20161015115910j:plain

A4の多機能ポーチ型バッグ。たしか2000円くらいでロフトで購入したものだと思う。

f:id:issyADHD:20161015115919j:plain

中身

筆記用具は4種類。
*消せるボールペン
*多機能ボールペン
*細身の緑ボールペン
*青のマーカーペン

特に消せるボールペンは重宝している。理由は後述。

その隣はカードケース。買い物に行った時とか、必ずお得なカードを忘れるので、ひとまとめにしている。

その上には定規、メガネ拭き、ポケットティッシュ。メガネの汚れが非常にストレスになるのと、寒暖の差ですぐに鼻血が出るので、対策としてポケットティッシュ。定規はあると何かと便利。ハサミの代わりにもなる。

その隣、白いボディをチラ見せしているのが「kindle paperwhite」。これのおかげで無駄な本をだいぶ処分できた。

その下にはノイズキャンセリング機能付き音楽プレーヤー。聴覚過敏なので、お一人様外出時はこれがないとしんどい。特に繁華街やお子様連れの多いところ。

メイン収納スペースにはノートが3冊。

*黒:手帳 未来の予定のみ記入。手帳の中に小さな「to doリスト」冊子が入っており、こちらで当日の予定を管理。

*青:備忘録、雑記帳。ワーキングメモリー少なめなので、忘れてはいけないこと、雑多な考えが整理された瞬間のこと、映画のレビューなど、その場で書きたい時に使うノート。最も使用頻度が高い。この時、考えがまとまっていなかったり、日本語がおかしかったりすると気になるので、消せるボールペンを使用する。

*オレンジ:自分との約束ノート。パニックになってしまった時、何もする気が起きない時に見返すノート。短期的にやりたいこと、将来なりたい自分像なんかも書いて、モチベーション維持につなげている。


以上が必携。自分の障害特性に合わせて持ち物は厳選しているつもりだ。
特にADHDはワーキングメモリー少なめな症状が多いと思うので、いろんなノートに手を出さず、最初は1つだけに絞ってやったほうがいいかもしれない。
僕自身、青ノートに備忘録として書いて、家で他の2つに転記する、というパターンが1番多い。
僕はADHDと分かるまでメモをとる習慣がなく、今でも人より少ない可能性すらあるが、そんな僕でも必携にすると色々書いたりするので、割とオススメだったりする。


今日は以上です。読んでくださった方、ありがとうございました。