発達障害重ね着男の備忘録

発達障害(ADHD、ASD)持ち。備忘録的に継続して行く事が目標です。

リハビリ出勤とモチベーション管理

こんにちは。


結局復職が伸びにのびて、まだ正確には休職期間の中、職場に通うようになりました。

僕の会社には私傷病での時短勤務制度はないので、リハビリ出勤と言う形で先週まで午前勤務、明日からはフルタイムに近い形での労働が始まります。


会社の度重なる配慮には感謝すべきところではありますが、リハビリ出勤期間は給与が発生しないので、モチベーション管理が非常に難しいなと思います。


ただ、給与をもらっていてもモチベーション管理には課題を抱えていたので、見直す良い機会だとも思っています。


今までは、興味が持てない仕事だからやる気が出なくてもしょうがない、と思っていましたが、少しでも興味の幅を広げて、仕事をちょっと楽しく感じられるようになればベストだと考えています。


来週の復帰が滞りなく進むには今週の勤務状況が大切なので、とにかく毎日決まった時間に出社し、真面目に勤務したいと思います。

[車について]車を持つことのメリット、デメリット

こんにちは。いっしーです。


最近、暇を持て余してるという投稿をよくしています。

今日も、自分に甘くなり、布団にいる時間が長くなりました。反省。



しかし、薬になれず寝てばかりいた8月はともかく、9月は比較的暇ではなかったような気がするな、と考えました。


9月にあって、今はないもの…。

そうか、車だ!と思い至りました。


車を処分した経緯は以下の投稿です。


issyadhd.hatenablog.com


そこで、車を持つことのメリット、デメリットを考えてみることにしました。




車を持つことのメリット


・山など、かなり遠くまで行ける

・少し遠くまで出かける際の心理的抵抗が小さい

・多少大きな買い物をしても荷物が詰める

・音楽を聴く機会になる

この4つのメリットは本当に享受してましたね。

特に、少し遠いところ、例えば地域の図書館とか、体育館とか、そう言った場所に行くのはだいぶ敷居が高くなりました。

また、大きめの買い物をする機会も減りました。

音楽も、車に乗る時には必ず聴いてました。ある意味精神の安定に音楽は寄与してたと思います。




車を持つことのデメリット


・維持費が高い(本体価格以外) 年間30〜40万円ほど

・事故のリスクが常につきまとう




上2つは本当に大きいです。

僕の場合、一年少しで7000キロ少ししか乗っていなかったし、車両保険にも入っていなかったので安いプランでしたが、保険も普通に入るともっと高くなったでしょう。

また、車を手放すきっかけになったのは、軽微な自損事故でした。ぶつかったのが人でなくて、本当に良かった…。


休職中ということ、自分のADHD特製のこと、パニックになってしまい車を見るのが辛かったので、メリット、デメリットを考えられなかったので、すぐに処分という決断を下しました。


今思うと、後悔する事もあれば、処分して良かったと思う事もあります。


外出の機会は減ったので、無駄な出費も当然減りました。

また、維持費がかからなくなったので、その分を貯蓄他に回すことができます。


音楽も、最近、自分が物凄く音楽を聴くことで精神が安定することに気付き、ちょっといいコンポでBGM的に流してみたりしています。


ただ、山に気軽に行けなくなったのは残念です。レンタカーなどの手段も、あるといえばありますけどね。

もう少し、気分が回復したら、「気軽に」の部分の障害がなくなって、電車移動とか、バス移動、多少の徒歩移動が苦にならなくなるかもしれませんが、現状の気分では、まだ苦の段階です。

早く、車を手放したことが、メリットだらけになるといいのですが…。



今日の投稿はこれで終わりです。 読んでくださった方々、ありがとうございます。

[雑記]明日の受診はかなり前向きな報告が出来そう

こんにちは。いっしーです。

今週1週間は、復職期間が延びて落ち込んだ気分を一新できた週にすることができました!

明日のクリニック受診も、前向きな報告が出来そうです。



報告することの大切さ


最近、薄々気づいて来たことでもあるんですが、報告、連絡、相談って、企業で働く人間に限らず、本当に大切なことなんだと思います。

よく、まずいことから報告しなさいと言いますが、これは僕の現状にも当てはまります。

ただ、ちょっとだけ予定していた時間に起きられなかった、とか、土日は1から2時間多めに寝てしまった、とか、これらを「まずい!」と考えて報告することは、あまり得にならないんじゃないかとも思います。


薬を2日連続で飲み忘れた!とか、心配事が多すぎて一睡も出来なかった!とかであれば、だいぶまずいことでしょうけど…。


今週は、資格試験の勉強を4日連続で続けられたり、朝、昼、夜とリズムを感じて生活できたり、最低限1日1回は外に出たり…。

まぁ、普通のことなんですが、先週以前に比べて明らかに良くなりました。


この事実を、主治医に「伝える」という事が自分の自信に大きく繋がると思うんです。

少しでも前向きな報告を「口に出す」ことで、少しでも自分の行動をプラスに捉え、自分の生活リズムを整えることにさらに一生懸命になれるような気がします。





三日坊主を超えた!


資格試験の勉強なんですが、ついに三日坊主を超えました!

これだけでもすごく嬉しいです! 毎日15〜30分、無理ない範囲で大体決まった時間に、と自分にゆるーくルールを設けながらやっていることが良いのかもしれません。


とにかく、やりっ放しが僕の場合は多いので、最低でも週に一度くらいは復習して、早めの定着を目指したいと思います!



今日の投稿は以上です。読んでくださった方々、ありがとうございます。

[対策]生活リズム調整が上手くいかない時のための事前策

こんにちは。いっしーです。

今日は、少し遅めの起床になってしまいました。

3ヶ月ほど生活リズムをフルタイム労働に耐えうるものにするために努めていくわけですが、日中の強い眠気はまだ完璧には改善されていません。

そんな中で毎日無理くり起きているというのもストレスが溜まり、返って生活リズムの悪化につながるという、負のスパイラルに陥りかねません。

ですから、そうならないために、無理なく生活リズムを調整するために、事前策を打つ事にしました。




土日は「例外日」として位置付ける


そもそも、なぜ「生活リズムの調整」を行わなければならないのか、というところに目を向けてみました。

いつも好きな時間に起きていいよ、という事であれば、無理して生活リズムの調整なんめ行わなくていいわけです。

そうならないのは、フルタイム労働を過不足なく行うために、生活リズムを整えなければならないからです。

いわば、働くための事前準備。そして、以前のように適応障害になってしまわないような生活リズムを作っていかなければならない。


そう考えると、最も厳格に生活リズムを整えなければならないのは、月曜日から金曜日の勤務日です。 曜日感覚を忘れないためにも、土日は少し休む時間が多くても、生活リズムが大きく崩れない範囲でならば可能です。

そのような土日を、例外日として、多少は緩めに予定を立てて行こうかと思っています。


1日外出しない日を作ったり、少し遅く起きたり、昼寝を少し長めにしたりするのも、この「例外日」に行おうと思います。





今日の投稿は以上です。読んでくださった方々、ありがとうございます。

[雑記]復職が叶わなかった後の、新たな目標

こんにちは。いっしーです。

12月中の復職を目指していましたが、叶わなかった旨を何度か書いています。

こうしてみると、よほどその目標が叶わなかった事が悔しくて、やりきれなかったんだと思います。

しかし、いつまでもクヨクヨしてもいられないので、現実的で実現可能な復職目標を立てていきたいと思います。




3月中の復帰を目指す。


今回、最大のネックになったのは、フルタイム労働できないと復職出来ないという会社の制度と、フルタイム労働に耐えうる生活リズム構築をしてこなかった僕の体調でした。

主治医も、時短勤務でならば復職は可能という判断を下していたので、自分としては復職する気満々だったのですが、フルタイム労働ということであれば、やはりまだ不安点が多いようです。


生活リズムなどの体にまつわる習慣は、習慣化されるのにだいたい3ヶ月ほど要すると主治医から説明がありました。

12月始めの復職断念の診断から逆算すると、3月中の復帰が今は望ましいのかな、と思います。

また、そこに照準を合わせるのではなく、整った生活リズムを3ヶ月続ける事に意味があるのだと思っております。



今日の1日


今日は無理なく、暇なく過ごせたので、特に何も予定がない日のモデルケースにしたいと思います。

午前中は、大掃除をして汗を流し、午後からは30分ほどの昼寝の後、1時間ほど買い物に出かけました。

また、資格試験の勉強を1時間ほど行い、その後夜ご飯の準備を行いました。


妻がいる日は、食べてくれる人がいて張り合いがあるので夜ご飯も少し凝るので、時間がかかることもあっていい暇つぶしになります。

今後は、1人の日でも、少し家事に凝ってみようかと思います。

普段掃除しないところを掃除してみるとか、普段作らない料理を作ってみるとか…



今日の投稿は以上です。読んでくださった方々、ありがとうございます。

[雑記]ここ最近の生活リズムと、カミングアウトについて

こんにちは。いっしーです。

ここ最近、午前中起きていることによって少しずつ生活リズムが整えられて来ました。



昨日の反省


とはいえ、昨日は昼寝を2時間ほどしてしまいました。

これが昨日の反省点です。


また、「起きている」、「起きていなければならない」という固定概念にばかり捉われてしまって、特に有意義なことや生産性のある事は全くやっていません。

何か、日々有意義なこと、生産性のある事に取り組みたいと思うこと自体、固定観念に捉われているのかもしれませんが、なにか意味のある事をやりたいと思ってしまいます。




○をつけてもいいと思った今日


今日は義父母の来客があり、朝から掃除や準備などに取り掛かりました。

午前中はかなり精力的に動けましたし、義父母とのコミュニケーションもだいぶ深まって来たようで、すごく充実感がありました。


また、義父母と別れてからは、妻の要望もありショッピングに出掛けました。

正直、応対で多少気疲れしていたところもありましたが、結果的に出掛けた事で程よい疲労感の中でブログを書くことが出来ています。


妻もあまり無理をさせては悪いと思ったのか、今日は外食をする事にしました。

生活リズムという点では、今日はバッチリ起きて、程よい疲労感に包まれ、丸をつけてもいい1日であったと思います。




カミングアウトについて


今回、予定していた休職期間の延長の事もあり、義父母にも僕の抱えている特性についてご説明させてもらいました。


発達障害は結婚後に発覚した事、妻が心配を掛けたくないと思っていたこともあり、しばらくカミングアウトは見送ろうと思っていたのですが、今回のタイミングになりました。


どのような反応が返ってくるだろうか、心配していましたが、ものすごく真摯に対応していただき、また僕の身体が第一だから、あまり我慢しないようにと、僕の体のことを慮っていただきました。


身近な人に対するカミングアウトのタイミングは難しいですが、伝えなければならない人と感じる人に対しては、真摯に向き合い、対応しなければならないと思いました。

[雑記]せめて午前中は起きていよう

こんにちは。いっしーです。

昨日は、生活リズム改善のため、7:30起床、22:00就寝に成功しました。

と言っても、やることは相変わらずなかったので、午前中はシャワーを浴びて交感神経を無理やり活発化させ、朝のうちに10分くらい日を浴びました。
その後、週に一度の楽しみでもあるジャンプを読みながら、どうやったら午前中なんとかでも起きてられるか考えながら過ごしました。


午後からは、年賀状の絵葉書を買いに無理やり外出、そのまま電車に乗ってこれまた無理やり図書館へ…。

しかしまさかの休館! 資格試験の参考書まで持って行ったのに、電車賃を無駄にしただけです…。
まぁ外出出来ただけ良しとします。

その後はテレビを見たり、1日の振り返りをしたりしている間に6時を過ぎ、Kindleで「睡眠に良い法則」がいくつか載っている本を読みながら就寝しました。




午前中を乗り切ると、案外1日起きていられるのかも


これはあくまで僕の雑感ですが、午前中の本当に眠くて眠くてたまらない時間さえ乗り切って仕舞えば、1日なんとか起きていられることはできるかな、と思いました。

休職中の身ですので、通勤練習と勉強を兼ねて、気が向いた時に午後は図書館へ行くのも良さそうな選択肢です。少し交通費はかかりますが…

晴れの日は、サイクリングも兼ねて、3キロ先の公共体育館のジムでランニングした後、付属の図書館に行ってもいいなぁ…とも思いました。あくまで、あくまで気が向いたらですが…


とはいえ、やる事は待っていてもやってこないのはここ最近の実感として分かったので、どうしても午前中寝てしまいそうな日は、シャワーを浴びて午前中は図書館にこもろうと思います。

[雑記]日記と、薬効についての考え方の変化

こんにちは。いっしーです。

昨日は、午前中は身体が重たく、とても起きられる状態ではなかったため、お昼頃まで床についていました。

その後は、撮りためていた録画TVを見たり、趣味の競馬観戦(と言ってもTVですが)をした後、少しでも日を浴びようと、夜ご飯の買い物に出かけ、22時には就寝しました。

競馬は、多様な情報から予想する、という行為と、馬がそもそもかっこよくて好き、という理由で、中学生くらいからの趣味です。 ですから、賭ける、ということはほとんどしません。


最近思ったのですが、過去の投稿を見返してみると、考え事や感想が中心で、その日何をしたのかがよく分からない内容が多いです。

備忘録的な意味合いでブログを続けるにあたり、これではまずいと思ったので、冒頭はその日にあったこと、感じたことをなるべく無機質に書いていこうと思います。




薬効についての考え方


服薬に関しては以前も記事を書きました。


issyadhd.hatenablog.com



最近、以前にも増して、よく眠れないだとか、集中出来てないなと感じることが多いです。

睡眠薬ストラテラの効果は果たして出ているのだろうか?と訝しむ事も増えてきたのですが、逆に考えると、訝しんでいるからこそ効果が実感できないのかな、と思います。


プラシーボ効果という言葉があります。 ビタミン剤を風邪薬と偽って飲ませたら、風邪が治ったとかいう、思い込みの力で抵抗力や自己治癒力を高めるあれです。

発達障害の薬や睡眠薬にも、プラシーボ効果は適用されるのではないかな、とふと考えました。


僕の場合は、「長年苦しんでいることがそんな簡単に解決したら苦労しないや」などという気持ちが何処かにあるのかもしれません。


フラットに考えてみると、飲んだ時の方が物忘れは少ないし、確実に寝られるタイミングと時間は改善しています。

薬に過度の期待をしすぎているのかもしれませんね。もっと劇的に効くはずだと、どこかで思っているのかもしれません。


少し考え方を変えてみて「薬を飲んでいるからマストな事がこなせるんだ!」と今後は思うようにしてみようかな、と考えています。

そのように考えることで、プラスのプラシーボ効果が発生し、その相乗効果でできる事も増えてくるかもしれません。

このような事を寝る間際に考えた、そんな昨日でした。

[雑記]久しぶりの外出と、マストなことをこなした日

こんにちは。いっしーです。

昨日は、珍しく外出しました。

妻が午後から資格試験があったのと、休職期間に入った為、会社に各種保険料を支払いに行かなきゃならないこともあったので、妻の試験先の駅まで同行し、マストな事項を終わらせてきました。



とりあえず、マストなことを先延ばしにはしなくなった


見出しの通り、昔に比べて、「しなければならないこと」を先延ばしにすることは少なくなりました。

これは、自分の特性を認めることが出来たこと、ストラテラの薬効、両方あると思います。


今回の振込は期限がだいぶ先に設定されていたのですが、これまでのように期限ギリギリでいいやと思ってしまうと、だいたいろくなことになりません。

振込金額を間違えたり、最悪期限を過ぎてしまったり…

土曜日なので少し振込手数料は割高でしたが、それでも忘れることを考えると昨日やってしまって良かったなぁと思います。


その後は、妻と合流して、お歳暮をいただいた方へのお返しをしました。

この時期ですから、人が多くて、僕も妻も人酔いしてしまいましたが、日頃お世話になっている方々へのお気持ちなので、これもマスト事項と割り切って行うことが出来ました。


どうやら「他者」が絡んでくるマスト事項、迷惑をかけてしまうようなことについては、多少億劫でもこなせるみたいです。


今後の課題は、「対自分」が絡んでくるマスト事項、勉強するだとか、規則正しい生活をするためにどうすれば良いかとか、そういったことをいかにこなすか考えていきたいと思います。

波の底にいる今だからこそ、習慣化されているものが見える

こんにちは。いっしーです。

最近、なにをするにも億劫で、本当になにもする気が起きない日があります。
調子の波でいうと、底の部分にちょうどいると思います。

前の記事で「波を受け入れる」なんて大層なことを騙りましたが、本当に言うは易し、行うは難しで、「あー今日もなにもしてない」なんてネガティヴになってしまいます。


issyadhd.hatenablog.com




〇〇「しかしてない」んじゃない、〇〇「することが出来た」んだ


昨日はほとんど布団がお友達でした。

「あー、またゴロゴロして1日が終わった…」

事実としてはそうなんですが、別の事実もあるんですよね。


とりあえず、昼ごはんと夜ご飯はしっかり食べて、ゴミ捨てをして、観葉植物と花の水やりをして、薬も概ね決めている時間に飲みました。

最低限、食べて、寝て、薬を飲んで、決まった曜日にゴミを捨てて、花を枯らさないように水遣りは出来たわけです。


どうせ復職も先に延びたわけだし、出来なかったことばかり目を向けるのはやめて、出来た事実も公平に評価したいと思います。


というか、普通に働いたり、生活出来ないから休職しているんだという「そもそも論」を忘れていました。

花に水をやる余裕があるだけ、休職当初よりはいくらかマシ。


復職を目標にしてたのに、それが叶わなくて、出来ていたことが出来なくなっても、それもしょうがない話。

復職のために無理してた部分が表面化してきたととらえます。

こんな今だからこそ、本当の意味で習慣化出来ていることが見えてきたわけなので、それを少しずつ、焦らず増やしていければいいのかなと思います。